ONKYO CDR-SX7 に フェライトコア を Ⅱ

別に「アルジャーノンに…」をもじっている訳ではありません。
アルジャーノンと言えば女王の宮殿(相棒)に出てきましたね、ねずみ役で。
「やるときは徹底的にやるを」と言う事なのでまた買って来ました。

よくUSBケーブルの付いてる大きさです、タイプ小。
K'sデンキ440円の3%OFF
e0181393_153554.jpg

大きさ比較、有名ななんちゃら最中と3ショット。
大きくればイイと言う問題でもなかったのか。
e0181393_15101260.jpg

装着事例
※一応この程度でも改造ですから自己責任にて
e0181393_157202.jpg


試聴中

結果はCMの後


音質は巨大フェライトコアを挟む前に戻りました。
良かったこのままふにゃこふにゃおになったらどうしようと思いました。

低音そのままで高音が伸びる様になりましたね。
声の解像度は落ちました、と言うか戻った。
音場感は狭くなったかなぁ?

「灰汁も味の内」と言うので完全にノイズを取ると個性まで無くなるのかも知れません。
サイズ選びの楽しみ(余計な作業)が増えました。
※個人の感想です。

使用機材
アンプ Pioneer A-N702(Fineモード)
ヘッドフォン GRADO SR-60(Sパッド)
[PR]

by nicojunk | 2011-02-11 15:07 | ONKYO