SANSUI CD-α7

またKSS-210Aの取り付けを失敗してしまいました。
これで新品二つを墓場送りにしました、損害は3740円です、気楽に行きましょ!
と言う事でKSS-210A搭載のSANSUI CD-α7を仕入れました。
皮肉と言うか!グットタイミング!と言うか運命には容赦はありません。
状態はトレーが勝手に出てしまう。
電源を入れると勝ってに出るのではなく「引っ張るとトレーが出ます」状態。
トレーの爪が破損してなければイイが。
e0181393_22382748.jpg

中は綺麗
e0181393_2247288.jpg

やはりKSS-210Aは鬼門です。
KSS-210AtとKSS-212Aは同じです、安い方を購入しましょう。
e0181393_22473256.jpg

オペアンプは中立4558JRCx2、このスペースではICソケット化出来ても抜き差しできません。
e0181393_22484574.jpg

液晶はムラと言うより全体に薄い
e0181393_22514466.jpg

押しボタンのすり減り具合からするとかなり使い込まれた機種です。
ピックアップも交換です。
壊した二個のKSS-210Aが非常に惜しい!

初めて見る、基板上のフォーカスボリウム
e0181393_371642.jpg


整備内容
トレーギアかみ合わせ不良 トレー入れ直し
チャキングメカ上がらず ゴムベルト&プリー清掃
希に再生中音飛び 光量調整、可動部グリスアップ
振動で音飛び ゴムダンパ劣化グリスアップ
操作パネル汚れ 分解水洗い

トレーは閉じる時に引っ張ったらしくギアのズレ
破損箇所無しで一安心。
ピックアップは交換した方がイイですねぇ
[PR]

by nicojunk | 2010-02-09 22:42 | sansui