DP-1001修理記

ケースを開けてみました。
綺麗な部類ですが埃っぽいのでハンドモップで清掃します。
e0181393_029347.jpg

チャッキング押さえを外すとピックアップが確認できます。
ピックアップはKSS-240A(SONY)です。
このピックアップ一世代前の廉価版です。
廉価版と言っても現在2400円前後なので安くはありません。
現行の廉価版はKSS-213Cで1200円前後です。
e0181393_0304893.jpg

トレーが勝手に出るのはセンサースイッチの接触不良か不良CDの自動排出機能の誤動作が考えられます。
このブルーのトルグスイッチがトレーが「出ききった」と「押された」を検出します。
テスタで当たったトコロ異常なし。
e0181393_0352480.jpg

この黒のプッシュスイッチはピックアップの最内側位置を検出します。
テスタで当たるも動作は正常。
原因は他にある様です、修理は難しいカモ
e0181393_0411043.jpg

この機種のピックアップAssyの上下ギミックはユニークです。
トレーを出す時はピックアップAssyを先に完全に下げてからトレーを出します。
逆にトレーを完全に収納してからピックアップを上げます。
現行のギミックはトレーを出し入れしながらピックアップAssyを上下させます。
ン~!ケンウッドの技術者の拘りが伝わって来ます。
パイオニアのDP-N901の垂直上下ギミックも凄かったですが。
まさにバブル期の財産ですねぇ

と言う訳で、上下が逆に回転する一風変わったギヤが使われています。
負荷が掛かると上のギヤは左回転、下のギヤは右回転と言う仕掛けです。

で、各部清掃、接点の接触確認で再組み立てしたらあっさり直ってしまいました。

「それでも僕はなにもやってない!」
故障の原因はナニだったか不明です。

集合写真です。
左側一番下がDP-1001デカイ!デカ過ぎ!
発送は恐らく100サイズでしょう。
e0181393_101294.jpg





左上から
リラックマきゃらスピ(ヤフオク)
ONKYO ED-L1A コントロールセンター(ヘッドフォンアンプの替わり)
SANSUI C11
DENON CDR-30 CDレコーダー
KENWOOD DP-1001

右上から
ドラえもんきゃらスピ(B-Life)
ONKYO CDR-SX7 CDレコーダー二号機(同じ機種でも音が悪い)
ONKYO CDR-SX7 CDレコーダー初号機
ONKYO NC-500 ネットワークレシーバー(FMチューナーの替わり)
TEAC PD-H300

すみません、「ミニーのきゃらスピはどうしたんだ?」とお尋ねの貴兄に。
ここに引っ越しました。
e0181393_374126.jpg

[PR]

by nicojunk | 2009-12-29 00:33 | KENWOOD