SANSUI C11 もうダメかと思いました。

SANSUI C11をしばらく聴いていたら突然音飛びが発生、ついてはCDを認識しなくなりました。
時間を於いて出るこの現象はコンデンサの劣化!
回路は専門外なので修理は難しいです。
「また高い授業料を払った(1050円だけど)」と思って調べていると何故か空中に持ち上げると正常に再生される。
つまり筐体にねじれがあるとおかしい。

これは「サスペンション」の問題かもしれない。
スプリングを調べるとネジが奥まで入っていない。
つまりスプリングが弱くCDのチャッキングが下過ぎる(CDとトレーの間の間隔が少ない)

恐らくスプリングが劣化していて一旦外した事で劣化が増幅しらしい。
まだネジ込める幅があったので力を入れて最後までネジ混んだ。
(スプリングが強くなりチャッキングが上に上がった)

「oh!」「直った!」

こんな事もあるんですねぇ
スプリングの強弱が再生に影響するとは「ジャンクCDプレーヤー道」は奥が深い。

※CDがレトーに近すぎるとダメに言う現象は過去の記事にあります。
これはピックアップの光量が少ないのでCDをピックアップに近づけたら改善した、が、結果この障害が出た件です。


一難去ってまた一難!?
今度はCD-Rでの頭出しの不具合が発生
ン~!古い機種は手強いゾウ!
取りあえず光量を調整をして見る。
光量の調整と言っても光量計など持っているハズものなく、ピックアップにある基板ボリウムを左に回すだけ。
(回す前には必ず工場出荷位置をマークしましょう)
光量の調整でもダメでした。
どうやら山水のC11はCD-Rには完全対応していないみたです。

最後のつて、ピックアップAssyを交換してみます。
幸にもONKYO C-707Hから取り外したピックアップAssy(ピックアップ無し)が二個ありました。

e0181393_732234.jpg

右上のピックアップAssy(ピックアップ無し)が山水に付いていたモノ
ギアの変色具合でかなり古い事が想像できる。
ピックアップAssyを交換して光量の調整をしたら多少改善しました。
サーボモーターの劣化だとこれで問題解決なのですがねぇ
[PR]

by nicojunk | 2009-12-27 03:31 | sansui