C3君の好きなパイオニアの謎のコンポの内部

SX-F21レシーバー部
大きなトランスとパワートランジスタ?
冷却用のファンも見えるが筐体が大きいので熱が籠もらない。
e0181393_16582011.jpg


MJ-F21MDデッキ部
録再確認済なのでレンズは綺麗
e0181393_16575639.jpg


レシーバーもMDも音質は悪くありません。
MDのドライブユニットはONKYOの安物のソレと同じです。
何よりアンプが発熱しないのがイイです、KENWOODのR-SA7は触れないほど「あっちっち!」ですから。
しばらくSLEEP機能があるのでSLEEPアンプとして使う予定です。
節約!節約!

オーディオ全盛期の頃、レシーバー(チューナー+プリメインアンプ)は嫌われたモンです。
チューナーとアンプはバラで買うのがトレンドでした。
でも、レシーバーはアメリカでは人気があり国内では売れそうもない高級器が輸出用にありました。
私はオーディオー駆け出しの頃、YAMAHAの廉価版レシーバーCR-400を買いました。
アルミパネルの木製筐体が格好良かったから。
[PR]

by nicojunk | 2009-08-04 17:01 | PIONEER